2016Jリーグサッカー選手とサッカーユニフォームについて

鋭い眼光で睨みを利かせる、闘争心に溢れる、やればなんでもできるというのは正に若い人たちの心です。日本のサッカー界には若い選手がたくさんいます。Jリーグにはこのような若い選手たち、自分の目標と夢を達するために、試合で実力を発揮、仲間を信じ、成果を味わいます。

Jリーグ鹿島アントラーズに在籍している21歳の植田直通選手は恵まれた体格を生かした空中戦の強さが武器ですが、50m6秒前半のスピードとテコンドー仕込みのキックも特徴で、潜在能力とスケール感では日本歴代屈指のDFといえます。

同じ年齢の金森健志選手はアビスパ福岡に在籍しています。博多のネイマールの異名を持つドリブラーです。強気な仕掛けとパンチ力のあるシュート、ヴァヒドハリルホジッチ監督の口癖であるデュエル球際の強さも特徴的です。昨年はJ1昇格を果たした福岡でレギュラーの一角を担ったが、終盤に怪我を負ったこともありAFC U-23選手権のメンバーには選ばれません。短い時間で流れを変えられる選手なだけに自身初となるJ1の舞台で活躍し、リオ五輪のメンバーに滑り込みたいところです。

跳躍力とポジショニングに優れたストライカー、岡崎慎司をお手本としているだけあって、上手さのある選手ではないが泥臭くゴール前に飛び込みます。これまで出場機会は多くないが、短い時間で高い得点率を誇っており、今年のニューイヤーカップ水戸との試合でもゴールをマークしました。プロ入り3年目、飛躍が期待されます。

中村俊輔を輩出した桐光学園出身のFWで高校No.1とも呼ばれた万能ストライカー、2017年U20ワールドカップ出場を目指す代表チームでもコンスタントに得点を記録し、先日行われたニューイヤーカップ、清水エスパルスとの静岡ダービーではいきなり

あなたはJリーグの中にどのクラブが好きなのか、好きな原因はなんでしょうか。地元のクラブですから好きなのか、それとも好きな選手が在籍しているだから好きなのか、或いはそのサッカークラブのユニフォームが格好良いだからのですか。

カッコイイサッカーユニフォームを着ている、だから好きというファンが少ないでしょう。やはり栄耀と技術及び素晴らしいな技を持っているサッカークラブが人気一番ですよね。たとえば、ブラジル代表のロナウド、魔法のようなキック技で世界の人々に知られていました。

Jリーグの中で僕が一番好きなクラブは浦和レッズです。得られた栄耀だけではなく、2016年新しいシーズンを迎えるためのサッカーユニフォームもカッコイイです。シェブロンという波動の流れや、鋭角を意味するデザインのキーワポイントに、浦和レッズの象徴であるダイヤモンドをユニフォーム全体に大胆に打ち出したデザインで2016年は勝負します。

また、続いているガンバ大阪も僕が注目しているサッカークラブです。MovingG、行けGというガンバ大阪のスローガンと連動した躍動感のあるデザインで2016年は優勝狙いにいきます。僕が注目しているのはユニフォームじゃない、西野貴治選手のことです。正直に言えば、ガンバ大阪のサッカーユニフォームのデザインは確かに低調しすぎた観念を持っています。

欠かせない、地元の熱狂的なサポーターと一緒に優勝目指す鹿島アントラーズクラブは日本ばかりではなく欧米にも大人気でした。鹿島の選手たちは伝統のカラーコンビネーションであるレッドとネイビーに茨城県の県花であるバラをイメージしたディープレッドを基調としたユニフォームで、地元の熱狂的なサポーターとともに2016年もファンを沸かせます。

おすすめサイト:

1、15-16各国ナショナルサッカー ユニフォームが全て激安価格で販売されています。もちろん、2016ヨーロッパカップに向け着用するユニフォームもあります。ぜひご覧下さい!

2、日本代表のファンなら、ぜひサッカー日本代表ユニフォームをご見通さないでください!最も新しいデザインで、購入しなければ残念ですよね!

3、ナイキやアディダスなどの各ブランドのサッカーシューズが人気爆売られています。品質の面においてご保証いたしますので、安心できます!

4、本サイトでは、ユニフォームだけではなく、サッカーに関するnba ユニフォームも豊富に揃えております。ぜひ、ご楽しんで買い物してください!